<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:19/02/07

減量を頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
からだと心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の7日間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
減量を始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1〜2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の7日間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的な減量は大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端なご飯制限や激しいトレーニングをすると、
からだをこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
からだにやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の2週間は、
自律神経を活発にして、からだの調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
減量を始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いお菓子が食べたくなりがち…

3食のご飯をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
24時間100kcalを目安に間食しましょう。

生理中の減量は、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。




レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D