<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。





川元誠一おすすめ
川元誠一はこちら
URL:http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/229684/


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21/06/30

「ありがとう」
と何度もパパから言われて終わった
20年ぶりのパパと息子の日帰り旅行。

嬉しいとかよりもまず、
「やり終えた」と言う気持ちが
一番にこみ上げてきました。

この旅行は絶対にありえないと思っていたし、
しかもパパから誘ってきたのではなく
あたしの方からパパを誘ったのでした。

パパが仕事を完全に辞めたのが去年の秋。
それ以降、目標を失ったように家にこもる日々。

以前は「100歳まで生きるんや!」と言っていたのに
最近では
「母(おばあちゃん)があっちで呼んでいる」と言い出す始末。

毎晩、飲んでいた日本酒も飲まなくなったし…

そんなパパを見てるとふっと思う。
「この人の楽しみって何?
50年近くまじめに働くだけで、家では大事に扱われてないし、
仕事やめて自由があるのに逆にふさぎこんでしまう人生って…」

…そんな複雑な思いを抱いての
車で2人きりの日帰り旅行。

しかし似ている。似すぎている。
あれだけ否定していたパパに…

よく考えると趣味もパパゆずり。
旅行、格闘技、日本酒、歴史など、
すべてパパが好きなものがあたしの好み。

結局、あたしがここまで
パパに近づけたのは
すごくありふれた答えかもしれないけど、
「あきらめなかったこと」かもしれない。

人それぞれだけど、
あたしがパパに近づこうと思って
少しずつ行動をはじめたのが4年前から…

あたしの気持ちを
全然わかってくれないことがずっと続いたこともあったし、
何度も怒られたこともあったし…

でも行動をし続けることで、
こちらの変化にも気づいてくれたし、
パパ自身も素直になれてきたのかもしれない。

あきらめなければきっと物事はかなうはず…
周りの幸せと自分の幸せのために
さらにあたしは行動していきます。


レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D