<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術


<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。




<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:21/04/04

1週間位前、遅い旦那の帰宅を待ちかねて、
お子様達と3人で夕方食のテーブルを囲んでいた時のこと。

8歳になるムスメが、
ちょっと思慮深げに
「天国はどこにあるの?」と言い出した。

学校で宇宙について勉強しているらしく、
太陽系のほかにも同じような惑星がたくさんあって、
宇宙はとてつもなく大きいという事を習ったと話してくれた。

ムスメは、このとてつもなく大きい宇宙の何処まで行ったら、
天国にたどり着けるのかと不安を感じたのであろうか?

10歳になろうとする息子は、
「やっとそういうこと考えるようになったの?」
とでも言っているかのように、
黙っていもうとの顔を見ていた。

「天国はここだよ」と
地図を見せるわけにもいかない。

そこでオレの方からお子様達に聞いてみた。
「あなた達は天国に行けるの?」

するとお子様達から
「いい子だから行けるよ!」
との答えがかえってきた。

オレはもう少し突っ込んだ質問してみようかな…と思っているうちに、
何故かすぐに話題は
「犬は天国に行けるか?」へと移ってしまった。

そういう話の本を読んだ事があるという。
「じゃあ、うちのジョンも天国に行けるの?時々悪い事するけど…」
と言ってみた。

我が家の犬ジョンは、お世辞にも頭のいい犬とは言えない。
そんな彼でも、人の気を引くために、
やってはいけないと分かっている事をやって、
怒られるという芸を時々するのである。

オレがこう説明すると、
息子は「そうそう」とうなずき、
オレが言わんとしている意味がわかっているかのごとく、
「どうかなぁ~」と答えた。

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの達人に聞け!